闘将平山男

仙台でゲーセン通いとバンドに没頭する不届き者の日記です。

嗚呼、今日も世界はDbDの魅力には気付かない

やぁ。

 

ちょっと気が向いたのでデッドバイデイライト楽しいから早く買った方がいいよ。という日記?を書いてみようと思います。

 

実況動画等で知っている方も多いと思いますが、「動画見てて知ってるけど買ってないわ」っていう人にドチャクソ会ったので是非オススメしようと思い、ネットで良く見る質問等に購入から1カ月ほど経った自分が自分なりに答える形で紹介していきます。

 

先に言っておきますが、未プレイの方向けに

 

超ざっくり!!!

 

書いてます。

 

 

【そもそもどんなゲームなの?】

生存者4人 vs 殺人鬼1人 の形で繰り広げられる鬼ごっこゲームです。モンスターハンターのモンスター側もプレイヤー操作になった形と言えば分かりやすいかも。

 

 

【勝敗はどうやって決まるの】

生存者 →マップにランダム配置された8か所の発電機のうち5か所の発電機を修理し、ゲートを開いて脱出すること。

 

殺人鬼 →生存者を発見し、攻撃してダウンさせ、マップ中にランダムに配置された肉フックに吊るし生存者を処刑する。処刑はフックに吊るし一定時間が経過するか、同じ生存者を2~3回吊るすことで完了する。

 

殺人鬼側の勝敗条件がなかなか説明が難しいのですが、実は4人全員処刑しなくても勝ち判定になります。

 

生存者A 一度も吊られずゲートから脱出→判定 勝ち

生存者B 二回吊られたけどゲートから脱出→判定 勝ち

生存者C 肉フックに3回吊られ処刑 →判定 負け

生存者D 肉フックに1回吊られ一定時間経過し処刑 →判定 負け

殺人鬼  二人処刑 →判定 勝ち

 

みたいなこともありますから「これ殺人鬼側、絶対勝てね~だろ~」ってこともあんまりないです。まぁ4人全員倒せた方がそりゃ気持ちいいですけどね。

 

 

【マップとか覚えないとでしょ】

おおまかに覚える必要はありますが、このゲームのマップは11種類の中から選ばれて尚且つ建物や発電機、更にはゲートの配置までランダムに生成されます。例えばナースのステージの精神病棟では、「マップの真ん中にデカい建物(病院)がある」というのが共通するだけでその他の要素はランダム配置となるので、FPSみたいな完璧なマップの把握は求められません。

 

 

【生存者、殺人鬼どっちで始めたらいいかな】

購入してすぐは生存者をオススメします。ゲームの流れを体感できますから。

20回くらい生存者で遊んだら殺人鬼を一度、プレイしてみるといいと思います。

 

どちらもプレイすることで、「あ~こんな状況の時は相手はこう見えてるんだな」と分かって面白いです。

 

 

【ランクってなに】

生存者、殺人鬼どちらも別々に毎月13日にリセットされるランクがあります。ランクは20~1までありまして、ランク1に近づく程、レベルが高いということになります。

 

自分はランク1を目指して殺人鬼側で遊んでいます。生存者は友達とキャッキャしながら遊ぶ程度です。そんなもんでいいと思います。ゲームですし。

 

 

【キャラのレベルってどうやって上げるの】

各キャラクターのレベルはBP(ブラッドポイント)を使用して上げます。このBPはマッチ終了後に報酬の形で支払われます。マッチに貢献した分だけ多く入手できる仕様になっています。ざっと紹介すると

 

生存者 →ゲートから脱出する、発電機を回す、肉フックに吊るされた他者を助ける、殺人鬼の攻撃を受ける、殺人鬼に追いかけられる、殺人鬼をやり過ごす

 

殺人鬼 →生存者を発見する、生存者を追いかける、生存者を肉フックに吊るす、肉フックで生存者を処刑する、発電機を蹴って妨害する

 

上記の点で、貢献度合いが評価されます。本当はもっとあるけど。

 

BPは共通通貨のような扱いとなるので、生存者でコツコツ貯めたBPを使ってみたかった殺人鬼に全額つぎ込む!みたいなことも可能です。

 

 

さてここからは一番、気になる要素2つに対して僕なりの意見を書いていこうと思います。

 

 

【課金しないと勝てないんじゃないの?】

いえ全くそんなことはございません。昨今では珍しいんですがリアルマネーパワーがあまり存在しません。全く存在しない、というわけではないですけど。

 

じゃあ課金したら何が出来るのかと言うと、追加の殺人鬼や生存者が使えるようになります。例えばエルム街の悪夢のフレディ、SAWのアマンダ等が追加の殺人鬼で使えるようになります。課金をしていないからフレディとマッチングしない、なんてこともありません。

 

「強くなる要素」というより「楽しくなる要素」にリアルマネーを投資する形なので、リアルマネーは投資しなくともソフトさえ購入してしまえば後の課金はほぼ皆無で済みます、

 

ただ例外として「自分は最強の殺人鬼になりたい!」という方だけは500円前後を払ってレザーフェイスDLCには課金することをお勧めします。BBQ & チリという最強の能力が手に入るので、これは殺人鬼を極めるならほぼ必須です。無課金で手に入れる方法もあるのですが、あまりにも運要素が強いのでレザーフェイスDLCだけは例外です。

 

 

【煽られるんでしょ?】

結論

 

クッソほど煽られます!!!!!!!!!!

 

そりゃそうですよ。人間4人 vs 人間1人だもの。

いじめを無くそう!みたいな問題と同じだと思います。複数人対1人というゲーム性なので絶対に煽りは無くならないと思います。

 

「そんなプレイして楽しいですか???」

みたいなファンメールも貰ったことがあります。

楽しいよー!!!

 

 

でも個人的には煽り込みでこのゲームの面白いところだと思います。

けっこう面白いですよ、アニメアイコンの負け犬の遠吠え。

 

ゲーセンっ子の私は昨今の若いゲーマーの煽り耐性の無さには息苦しさを若干感じております。屈伸やPAだって「面白い」と思える心持ちは必要だと思いますけどねぇ。

 

話は少しずれるのですが先日、格闘ゲームシーンで活躍するプロゲーマーどぐらさんが「対戦相手と試合後にしっかり握手をしろ!」とか批判されてる書き込みを見てマジでドン引きしました。

 

格ゲーなんて1vs1だし、相手を殺す気でプレイするんですから試合後の精神状態ではそんなこと出来ない場面も多々あると思いますけど・・・・

 

実体験として自分はゲームセンターでそんなこと何度も経験してますから煽り耐性はかなり高い方だと思います。対面側に廻ったらガチムチのメガネが座っていて、後日仲良くなったら陸軍自衛隊でしたみたいなパターンもありますが。

 

もっとぶっちゃけると、僕としてはプロレス全盛期に「真剣勝負じゃねえ!台本あるだろ!」って騒いでる人を見ているような感覚に陥ります。何が言いたいかと言うと「そういうもの」としてある程度わきまえて欲しいと思います。あくまで個人的な意見ですけどね。

 

話がそれましたが、煽り耐性に自信が無い人にはそこまでオススメしません。

まぁ、僕は面白いと思いますよ。

脱出ゲート間際で阿鼻叫喚するライトを持ったブスがカクカクしてる画。

 

【わ~わ~言うとりますけど、も】

 

いまセール中(だったかな?)、セールじゃなくても本体はDLのみ販売でPSストアで3000円で購入できます。正直、今年買ったゲームで1位です。

 

とても面白いので是非買ってみてください。